明日には終わるブログ

本当に明日終わってたらごめん。Twitterしてるよ…@yutori001996

第5回オモコロ杯で佳作に選んでいただけました!

嬉しいことがありました。

 

嬉しいことって言っても、このブログ読んでくれてる人ほとんどそれが理由できたと思うのでわかっているとは思うのですが、

gura0902.hatenablog.com

この記事が第5回オモコロ杯の佳作に選ばれました!!

 

嬉しい!!!

 

第5回オモコロ杯 結果発表! | オモコロ

 

残念ながら受賞という形ではありませんでしたが、好きなサイトに名前が載るってだけでもテンション上がります。

 

PV数も1記事だけでそこそこ増えてありがたい限りです。

 

・・・まぁ、それが言いたかっただけなので、この記事終わり。

 

あ、あと、オモコロ用のブログだったので、今後更新されることないかもしれないですが、もしかしたらなにか書くかもしれないので、そのときはよろしくおねがいします。

 

Twitterやってます。

こんなかわいいことも呟いているのでフォローお願いします。

怪しい組織に所属していない方だとわかればできるだけフォロー返していきたいです。

嘘ついちゃダメだと、身をもって理解した話。

f:id:gura0902:20171115221935j:plain

こんにちは、やぐらーです

 

突然だが、皆さんはサークル活動の経験があるだろうか?

 

もちろん、「毎日1パーリー」日課としているイケイケ大学生の私にはある。

周りを気にせず、存分に馬鹿をまき散らすピーポーになるためにはサークル活動というのは欠かせないものであり、私が大学へ通うための最大理由と言っても過言ではなかった。

 

しかし、そんな私が、最近ではめっきりサークルに顔を出さない幽霊部員となってしまった。

それは新入生歓迎会でのある出来事が原因なのである。

 

 私の所属しているサークルは所謂「音楽サークル」だった。

といっても普通の音楽ではなく、ちょっとした縛りがあって、サークルで流行りの曲を聴いたり演奏するということは一切なかった。どちらかというと「ジャズ研」とかを想像してもらった方がいいかもしれない。

 

私が3年生の頃、一気に部員が卒業してしまったり、前年度に勧誘を真面目にやらなかったりなど、色々な要因(自業自得)が重なり、我々のサークルは部員が4名だけという、サークル発足以来の危機に立たされていた。

 

中身はないのに、無駄に歴史だけはあるサークルだったので「自分たちの代での廃部は避けたい」という話になり、部員4人での「新入生大量獲得作戦」を立てることになった。

 

「新入生大量獲得作戦」とはいっても、4月に行われる「新入生歓迎会」でなにをするか?程度の話だった。

うちのサークルはそこで毎年ライブを開き、演奏を披露することにしていたのだが、この年はまともに楽器をできる人間がほとんどおらず、そんな状態でライブを行っても無駄だろうということで、ライブに代わりになるなにかを模索しているところだった。

そうして、狭い部室で男たちがあれやこれやと1時間以上も語り合った・・・。

 語り合った結果、

 

 

 

なんにもでなかった

 

 

 

 

 本当に1つも案がでなかった。

4人の人間が1時間以上話していたのに、大学生特有の一歩進んだ下ネタの話と、くそつまらない思い出話しかでなかった。

得たものとしては、4人のうちの1人が「新入生歓迎会」当日に来られないという情報だけだった。なんだよそれ、できればそれは得たくなかったから。

 

そんなこんなで無駄に終わろうとしていた作戦会議だったが最後に同級生である部長(頭おかしい)が「やっぱりライブをやらないか?」ということを言い出した。

 

そこに行き着く気持ちはわかるが、やはり何度考えてもライブは考えられない。まともな演奏ができないバンドを見て、入りたいと思う奴なんてまずいないだろう。

逆にそれを見て入部する奴はなんか嫌だ。

 

それに今回はOBさんを呼んでライブをしてもらうこともできない。

 

というのも、文化祭でのライブならOBさんたちにステージに上がってもらってもいい、ということにはなっているのだが、新入生歓迎会はかなり厳しく、現在のサークルメンバー以外が参加することは禁じられている。部外者はもちろんOBさんも呼べないのだ。

それを破ったら当面のサークル活動禁止。新入生を勧誘どころではなくなってしまう。

そのことを部長に伝えると、「う~ん」と唸ってからこう言った

 

 「じゃあ、外からバンド呼んじゃうのは?」

 

いや、お前は今さっきまで何聞いてたの?

 

それやったら大変だから、問答無用で廃部だから。部外者とかやばいから!!

 そう伝えると、部長(くそ頭おかしい)は「だったらうちの部員ってことで出てもらおう」と言い出した。

 

いやいや、そんなこと言っても普通にバレるだろ、馬鹿かこいつと思ってたのだが、その場にいた唯一の後輩、めちゃくちゃパンクなことで有名なパンクが言った。

 

 

「そっすね。じゃあ僕の知り合いのバンド呼んどきます」

 

 

なんなの?お前ら義務教育を受けてきた?受けてきたとしたならば、教師はなにをしてたの?先生、あなたの生徒は人としての義務を果たせてないんですけど。

 

今思えばここで必死に止めておけば良かったのだが、他の案がなかったのと、こいつらと話していると頭がおかしくなりそうだったのと、家に帰って早く「ファイナルファンタジー」やりたかったから、「絶対バレないように」ということだけを言って帰ることにした。

 

そうして、なんやかんやで迎えた当日。

 早朝から学校に向かい、必要最低限の機材を部室から運び出し、皆で配線やなんやらをしていた時だった。

 

後輩のパンク君が「そろそろバンド到着するんで」と私に報告にきた。

パンク君は相変わらずのパンクさで、ジャケットの肩からトゲが生えていた。

 

あぁついにご対面か・・・どんなやつが来るんだろう。私はこれからのサークルの命運を託す人たちとの出会いに緊張していた。

その人ら次第でこれからの学生生活が大きく変わるのだ。

 

 そして、待つこと数分、ついに来た。

 

4人組の男たちがやってきた。

 

近づいてくる程によく分かる。めちゃくちゃかっこいい人たちがきた。

 

めちゃくちゃかっこいいんだけど。

 

 

 

 

どうみても大学生じゃなかった

 

あ、これバレるな、サークル終わったな

 

 

 

 

そう思った。

 

しかもパンクロックを演奏するサークルではないのに、彼らはめちゃくちゃパンクな格好で来た。これじゃサークルのアピールにすらならない。

パンク君に頼んだのが間違いだった。類は友を呼ぶのだ、パンクはパンクを呼ぶに決まっていたのだ。

皆もれなくジャケットからトゲが生えてるし・・・。

 

なんだが私の周りだけ世紀末な感じがした、他のサークルはユニフォームや、楽しげな仮装をしているのに、ここだけ世界観が『北斗の拳』だった。

私の頭の中では『愛をとりもどせ』が流れていた。

この状況をどうにかしてほしい。思わず「ケーン!!」と叫びたくなる。

 

ただ、呼んでしまってはもうどうすることもできない。

私は腹をくくって彼らに準備をお願いした。

そうこうしているうちに新入生歓迎ライブが始まった・・・。

 

長く語ることもないので、 結果だけ言おう。

 

大成功だった。

 

びっくりするくらいかっこいい演奏とパフォーマンスを披露し、立地条件が悪いのにも関わらず結構な数のお客さんがきてくれた。

 

たまに新入生歓迎会を仕切っている委員会の生徒が見回りにきていたが、パンクな感じにびびったのか、明らか大学生でない人が演奏しているのにも関わらず見て見ぬふりだった。

 

この大学は大丈夫なのか?と少し心配になったが、まあ助かったのでOK。

 

 そうして大成功に終わった新入生歓迎会

手ごたえも感じていたので、きっと新入生も多く入ってくれることだろう、私はそう確信していた。

そしてその通りに、後日、部長から「新入生がいっぱいきてくれたから部室にこい」との連絡あった。

 

「良かった、なんだかんだでパンク君のパンクな知り合いを呼んでよかった・・・」私は部室に向かう途中に部長とパンク君の功績を称えた。

 

お前たちがサークルを救ったんだぞ・・・!と。

 

そんなことを思っているうちに部室の前に着く。扉の向こうから今までにはないほどの活気を感じた。

私は嬉しくなって扉を勢いよく開けたら、「ウィ―ス!」とできるだけイケてる挨拶をしてやろうと思った。

 

ファーストコンタクトで印象がきまるから、ここでかましておかなければならないのだ。

 

そう心に決めた私はドアノブに手をかけ思い切り扉を開けた!

・・・がしかし、「ウィース」の「ウ」の字も出せず私は固まってしまったのだ。

 

だって、だって・・・。

 

 

全員のジャケットからトゲが生えていたから!!

みんな、みんなパンクだったから!!

 

 

気絶するかと思った。歴史あるサークルが、1日パンクに染まってしまったのだ。

 

私は開いた扉をそっと閉めた。怖かったのだ、サークルが変わってしまったことが、狭い部室に入ったらトゲに刺さりそうなことが・・・。

 

正直全く予想していなかったわけではない。先ほども言ったようにファーストコンタクトで印象は決まる。

彼ら新入生と我々のサークルとのファーストコンタクトはめちゃくちゃパンクだったのだ。そりゃパンクな奴らが集まってくるはずだろう。

 

それから私はほとんどサークルに顔をだしていない。

パンクロックが嫌いだとか、そういうわけじゃないけど、やはり昔のサークルが私の居場所だったから、どうにも行く気になれないのだ。

 

これを呼んでくれた皆さんも、人を勧誘するときは嘘をつかないように。

嘘を本当だと思ってこられても、文句は言えないから。

 

 

 

いくら名曲でも、聴き続けていたら嫌になってくるのか?

f:id:gura0902:20180121185740j:plain

どうもこんにちは。高校生の時に、クラスの女の子から「君ってメガネかけたら性犯罪者みたいだよね」と言われてから、うまく笑うことができなくなったやぐらーと申します。

その証拠に、上の画像は旅行で一番テンションが上がっていた時のものですが、ポーズと表情の差を見ていただければ、そこそこ重症なのが見て取れると思います。

 

さて、今回は「大好きな名曲でも、聴き続けることで元カノの今カレくらい嫌いになるのか?」ということを検証したいと思います。

 

これを検証する理由としては「やってみたいから」です。「そこに山があるから登るんだ」と同じです。意味わかんないですけど。

 

ただ、検証するにあたって、「そんなの聴きまくっててたらそりゃそうなるだろ!」とか「やる意味すらないだろ!」と思う人もいるかもしれません。

 

確かに言いたいことは分かります。

ですが、本当にそうなのでしょうか?僕は自分でやってみるまで信じることができません。

最近の人は自分ではやりもしないのに、行動を否定したり、勝手に決めつけて、自分の中で結論づけてしまう人が多いような気がします。

本当はそんなことあってはならないはずなのに。

過去の偉人たちは「馬鹿なことを・・・」「やることさえ無駄に決まっている」と言われながらも結果を出し、世間に認められてきました。

やってみないと分からない、現代人はこのことを忘れてねぇか!?

これを読んでる皆には是非挑戦する心を忘れないでほしい!!

 

 

 

ただまぁ、今回のに関してはマジで意味わかんないんだけどね。

 

 

今回聴く曲&ルール

 今回は世界的に有名な名曲にしようということで、あえて洋楽を聴こうと思います。

OASISの「Don't Look Back In Anger」


Oasis - Don’t Look Back In Anger

 

今回はこれでいきたいと思います。

CMなどにも使われ、「イギリスの国歌」と呼ばれるほど、世界的に愛されている曲。

個人的にこれが嫌いという人は見たことがないので、今回の検証にピッタリではないでしょうか。

 

ルールは簡単で、「嫌いになるまで名曲を聴き続ける」ただそれだけです。

 

ただ、本当にそれだけだと何だか企画としての面白味に欠けるのであややタイム」を導入したいと思います。

 


松浦亜弥 - Yeah!めっちゃホリディ [PV]

 

Yeah!めっちゃホリディ 松浦亜弥 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索

 

あややタイム」とは30分に1度、「Don't Look Back In Anger」ではなく、松浦亜弥さんの「Yeah! めっちゃホリディ」聴いてもいいという制度のことです。

 

「それ休憩タイムじゃね?ズルくね?」と思う人もいるかもしれませんが、これを導入することで、

お正月に実家に帰った後、1人暮らしに戻ると実家が恋しくなるのと同じで、

30分に1度、別の曲を聴くことで「Don't Look Back In Anger」に戻るのが嫌になるという作戦です。

 

なので、これがあるおかげで精神を追いつめることになり、むしろこの企画のきつさを底上げしています。

決して書くことなくなりそうだからとか、ボケ安いポイント作りたかったからとかじゃないんだから!!

だからそんな目で見ないで。

 

とにかく、あややから実家感が出てくるのを期待しましょう。

 

尚、今回はイヤホンウォークマンで聴いていこうと思います。

 

では、ルール説明も終えたところで、それではやっていきましょう!!

 

f:id:gura0902:20180121194440j:plain

f:id:gura0902:20180121194449j:plain

f:id:gura0902:20180121194455j:plain

f:id:gura0902:20180121194501j:plain

 

1時間経過 午前8:00

 

※ここからはレポート形式でお楽しみください

 

 1時間が経過した。この曲は約5分なので、この時点で約10回聴いたことになる。

あややの方は2回で、まあ今のところは気分転換にしかならない。きっとこれから実家感を出していってくれるはず。

 

キツイかきつくないかでいうと、この時点でちょっとキツさはあるが、まだまだ嫌いになる気配はない。

ついでに書くこともない。記事としては死活問題だ。どうしよう。

 

とりあえず暇つぶしにこんな画像を作ってみた。

f:id:gura0902:20180121172446j:plain

RPGゲームに「泌尿器科の先生」の先生が敵として出てきたら?というもしも画像だ。

 

左右に浮かんでいるのは、今までの患者が残していった尿路結石の塊で、それを自在に操って攻撃してくる。

 

右側の尿路結石が回復魔法を使ってくるので、先に攻撃しないとかなり苦しい戦闘を強いられることになるだろう。

 

後、語尾に「~ですね」を付けそう。

 

3時間経過 午前11:00

 

まだまだいける。

「Don't Look Back In Anger」がただただ良い曲だと思い知らされる。単純計算で30回は聴いてるのに全然苦じゃない。

あややの方は6回聴いたが、ちっとも実家感を出してくれない。自分の立場をもっと理解して実家感を出すのに努めてほしいものだ。

 

「Don't Look Back In Anger」をずっと聴いていると中学生の頃、英語の授業中に先生が授業の一環としてこの曲をかけてくれたことを思い出した。

 

その当時、私はパソコンでエロサイトのワンクリック詐欺にかかり、多額の請求メールがきたり、そのせいで家族にエロサイトを見ていることがバレて、小学生の妹に毎日いじられたりと、かなり精神を病んでいる時期だった。

 

そんな中聴いた、この曲の美しいメロディに「明日も頑張って生きよう!」とかなり励まされたような気がする。

 

もしその時に先生がかけてくれたのが、「Yeah!めっちゃホリディEnglish ver)」とかだったら確実に先生をぶん殴っていただろうなと、あややを聴いて思った。

 

ちなみに(English ver)なんてない。

 

5時間経過 午後1:00

 

約50回聴いたことになる。さすがに飽きた。あややからは少し実家の畳の匂いがしてきた)

ただ、嫌にはなっていない。

 

というのも、スマホをいじったりして、あんまり意識せずにいると、結構楽だということに気付いたからだ。

 

・・・え?それはズルではないかだって?

ずっと集中して聴くことに意味があるのではないかって?

 

え~?そうかなぁ・・・。ずっと集中しなきゃいけないかなぁ・・・。

 

だって暇だしなぁ・・・。スマホゲームとかやりたいしなぁ・・・。

 

でも、集中しなきゃ皆納得してくれないかなぁ・・・。

 

あ~どうすればいいんだ・・・。

 

やっぱやるしかないのかなぁ・・・。

 

え~でもな~。

 

どうしようかなぁ~。

 

 ・・・ど、しよ・・・

9時間 午後5:00

 

はっ!!

気が付くと結構な時間眠っていた。

普段イヤホンをつけながらでは寝ることのできない私だが、普通にぐっすりと昼寝できたということは、もはや気にならないくらい私の日常に溶け込んでいたということになる。

 

ここまでで意識しない方法を身につけてしまったのだろうか?

あるいは、風の音や、雨の音と同じく、気にするほどでもない音になっているのかもしれない。

私はどうなってしまうんだろうか。

「Don't Look Back In Anger」にだけ異常に耐性がある人間とかなりたくないんだけど。

 

まあ、とりあえず気を取り直して検証を続けることにする。

 

あ、そういえば寝ている間あややを聴いていないから、4時間分のあややを連続で聞かなければ。

 

 

ん・・・?あれ・・・?

なんだこの感じ?

 

あれ、おかしいぞ???

マジ?マジで言ってんの?

 

嘘、ウソでしょ!?

 

 

 

めちゃくちゃ聴くのが辛いんですけど

 

12時間経過 午後8:00

 

 「Don't Look Back In Anger」を約120回ほど聞いたということになるのだろうか、1つわかったことがある。

 

確実に30分に1回のあややの方がきつい。

 

 日本語だからだろうか?歌詞を無意識に追っている自分がいた。

どうやっても歌詞を追ってしまう。つまり意識を持ってかれるのだ。

 

「Don't Look Back In Anger」では誤魔化せていた「音楽を長時間聴いている」という事実を再確認させられることになる。

連続であややを聴いた時に一度それを意識してしまってから、かなりしんどいでござる。

 

 

 

 

ほら、急にござるとか言い出してるあたり精神的にちょっとおかしくなったの分かるでしょ?

 

ここに来て急激にしんどさが増してきた。他の作業をしてても気になってしまう。

まさかあややにやられるとは。

 

f:id:gura0902:20180124125439j:plain

心なしかウォークマンの元気もなくなってきたような気がする・・・。

 

 14時間経過 午後10:00

 

 いやいやいや、もう無理無理!!

あややもそうだけど「Don't Look Back In Anger」も耐えられなくなってきた~~~~~!!

なんかもう音が全部ウザい~~~~!!

今すぐ全てから解放されたい~~~~~!!!

あと、長時間イヤホン付けてるせいで耳がめっちゃ痒いいいいいい!!!

 

ていうか「Yeah!めっちゃホリディ」の歌詞なんなんだよあれ!!すんげぇが24回も曲中に出てくる歌とか意味わかんねぇよ!!

何回聴いても世界観が掴めないのが余計苦しいわ!!

 

 16時間経過 午前0:00

f:id:gura0902:20180121201325g:plain

ぴゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:gura0902:20180121194630g:plain

 なにがめっちゃホリデイじゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 戻りたい、尿路結石の画像とか作ってスベる元気があるころに戻りたい。

 

ここら辺が限界かもしれない。正直あややにしてやられただけで、「Don't Look Back In Anger」を嫌いになったかと言われると微妙かもしれないが、これ以上聴きたくないのは確か。

 

聴けば聴くほどホリディ(休日)からただの厄日に変わっていきます。「Yeah!めっちゃ厄日~~」です。

 

・・・はい、もう発言に知性が感じられなくなったので、検証を終了したいと思います。

 

検証終了

検証結果

f:id:gura0902:20180121210239j:plain

※画像に文字が繰り返しになっている部分があります。お茶目だな〜こいつ〜と思って見逃してください

16時間という微妙な時間で終わった今回の検証ですが、寝てしまう前と寝た後ではつらさが段違いでした。 

多分「Yeah!めっちゃホリディ」を連続で聴いたことによって、一気に音を意識し始めたからだと思います。

 

ただ、洋楽であったり、曲調がゆっくりな曲だけを聴くのであれば1日やそこらで嫌いになることはないかな、と感じました。

あと、スピーカーで流すのであれば3日くらい耐えられるのではないのでしょうか?

イヤホンとヘッドホンはやっぱキツイです。

音で脳みそ殴られてる気分になってきます。

 

f:id:gura0902:20180121220347j:plain

定期的にあややの顔を見て癒されようともしましたが、正直そこまでタイプではないので、それも無意味に終わって悲しかったです。

 

まとめとしてはこんな感じでしょうか?

 

それでは、最後にこの企画一番の功労者の写真でお別れしたいと思います。

 

 

f:id:gura0902:20180124125626j:plain

 

すんげぇすんげぇすんげぇすんげぇ熱くなってました。

 

 

Twitterしてるのでフォローくれたら笑顔になります。

怪しそうでなければフォローさせていただきます。

 

いつも綺麗なこと言ってます。